一人親方の社会保険のことならお早めのご相談が得策:無保険だと本当に入れない現場急増中

助成金活用もふまえて、ITも活用して職場改善のパートナーをいたしております。

東京都立川市の社会保険労務士法人・育成協会です。

 

社会保険労務士のような専門家の事務所の利用は、法人だけでなく個人事業主の方でも一般的です。

むしろ、お一人で事業を営むからこそ、外部の力を有効に活用して、本業に専念すべき状況が少なくありません。

 

たとえば、建設業の「一人親方」の皆様からも、育成協会ではご相談をいただいています。

身体と神経をハードにつかうお仕事です。休息の時間をとるためにも、社会保険労務士のご活用もご検討ください。

 

特に、昨今では、社会保障に一人親方も加入しないと現場に入れなくなっています。

 

増えています!一人親方からの「緊急」のご相談

社会保険がないと建設現場に入れない

これまで、労働者として権利保護の対象にはなりにくかった一人親方ですが、

最近の法制度整備によって、国の労災保険に入らないと現場に入れなくなりました。

まだ曖昧なところも多いようですが、この流れは全てに行き渡る見込みです。

 

そのため、建設会社は、一人親方ではなく雇用の方向に動いています。

ただし、単発のお仕事については、外注の方のほうが動きやすいのが事実です。

現実的には、これから数年先も一人親方のお仕事自体は減らないでしょう。

 

ただし、国民全員が保険に加入している状態を理想とする国としては、

未加入者の目立つ建設業界の方々にも入っていただきたいと思っているようなので、

国の保険に入らないと身動きがとれなくなるリスクは一層高まっていきます。

 

そのため、育成協会にも「仕事ができない!今すぐ保険がほしい」と緊急のご相談が寄せられることが多くなっているのです。

厳しい事情、ご理解します。だからこそお早めのご相談を

社会保険のことならお早めのご相談を

今の建設業界の現状からいえば、大企業の現場もふくめて、一人親方にお仕事が行き渡っているという状態です。

ただ、元請けが一人親方の保険を負担してくれる可能性は、ほぼありません。

このことは実感されているのではないでしょうか。

 

まだ、入れる現場は確かにあります。

それは法整備からまだ間もないからです。

本当に入れなくなってから、保険をとりはじめるのでは、収入にブランクができます。

これは死活問題ではないのでしょうか?

 

これから先も息長くお仕事をつづけていただくためにも、お早めにご相談ください。

私たちがお力になれることがきっとあります。

 

一人親方がいなくてはならない建設業界を陰から支えたい

建設業界は一人親方が必要

一人親方という事業者は、これからもなくてはならない大切な社会の一員です。

決してなくなることはないでしょう。

 

一人親方という生き方を、育成協会はひとつの生き方としてサポートしたいと思います。

私たちには一人親方の皆様 のパートナーになるうえで、必要なノウハウと経験があります。

 

なにより、ひとりひとりに寄り添って、ご事情と目的に合ったパートナーシップを築いていく意識があります。

 

昨年度も、社会保険関連の国の手入れはかなりハードなものとなりました。

これに対して、業界も身を堅くしているように感じられます。

お仕事を長く続けていくためにも、お早めに育成協会にご相談ください。

お問い合わせ LINEお問い合せ
TOP
loading