即日発行(翌日加入)が可能!一人親方の労災保険なら育成協会へ

東京都立川市の育成協会一人親方建設部会です。
個人事業主から企業までそれぞれのニーズにあった労務サービスを提供しています。

今回は、”建設業の一人親方”に関するお話をしたいと思います。

一人親方の多くが個人事業主です。
これまで労災保険に加入していない職人は多くを占めていました。
ですが近年、労災保険に未加入だと建設現場に入れてもらえないケースが増えています。

私たちが運営する一人親方建設部会にご相談にいらっしゃる方は、年々増加傾向にあります。

もし、この記事をご覧の方が、可能な限り早く労災保険に入りたいという方の場合、育成協会が即日にでも対応できるように尽力いたします。

お急ぎの方は、下記ページのフォームよりお申し込みください。

一人親方の方へ

ただ、いくら急いでいるとはいえ、もう少し詳細を知ってから問い合わせたい方のために、

本当に急いでいる方でも事前に知っておくと一安心な情報をお伝えしています。

制度のツボを押さえて即日発行(翌日加入)!一人親方のための労災保険って?

一人親方が即日加入できる労災保険

一人親方の皆様にご案内しているのは、労災保険の「特別加入制度」です。

この制度は、個人事業主、特に建設現場で働く皆様のことを考えてつくられた制度です。

 

即日発行(翌日加入)できるって本当?

平日の午前中までに、お申し込みいただいた場合には、即日発行(翌日加入)が可能です。

その日の17時頃までには労災保険番号をお出しできるので、「明日からの現場で必要」という方からご好評です。

 

実際に行かなくても加入できる?

育成協会では、インターネットで申し込みからお支払いまで終わらせることができます。

加入者証は申し込みいただいてから1週間ほどの時間がかかりますが、

労災保険番号は、先に、メールにてお知らせしていますので、お急ぎの方でもご安心いただけます。

 

どこの団体に頼んでも大丈夫?

特別加入制度は、国からライセンスを受けた団体に限られています。

育成協会は、多摩地域を地元とする一人親方の方々を中心にご愛顧いただいています。

 

そもそも、自分で加入はできないの?

特別加入制度は、認可を受けた団体を経由しないと加入できない仕組みになっています。

 

加入の初期費用はいくらかかる?

まず、一人親方建設部会に入会していただく必要があります。

こちらの入会金は0円ですが、月会費は2,000円かかります。

こちらの入会は必須ですが、平成21年発足の信頼できる団体です。

 

月々の保険料はいくら?

特別加入制度では、一人親方の皆様の働き方に合わせるために、

補償をどの程度受けたいのかによって保険料を自分で選ぶことができます。

最低の金額は、年間で約23,000円です。1ヶ月平均、約1900円の保険料となります。

 

年間に支払う金額によって、休業補償日額、障害補償給付、死亡補償給付額は変わります。

ただ、治療費は保険料にかかわらず自己負担はゼロです。

 

東京都外でも育成協会に依頼はできる?

育成協会は東京都立川市に拠点を置く団体ですが、下記の地域の皆様もご利用いただけます。

東京都全域、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県

 

労働災害が起きたときのサポートは?

育成協会では、労災発生時の治療費請求など事務手続きについて、追加料金は一切いただいておりませんので、安心して事業にご専念していただけます。

 

労災保険の悩みを即日解決。すぐお仕事にご専念いただけます

労災保険の取り扱いは40年の実績

お急ぎの方のために、「本当に知りたい!」と思われている情報に絞ってお伝えしました。

このほかにも、「なんとなく不安」ということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

育成協会は労災保険について、個人事業主の皆様をサポートして約40年の実績。

確かな、経験と知識にもとづいて、お客様のお困り事の解決をお手伝いします。

少しでも早くお仕事に専念できる態勢を整えたいとお考えなら、悩まれる前に、育成協会にご連絡ください。

お問い合わせ
TOP
loading